Time you enjoy wasting is not wasted.


by xianjianyue

スカンク、のすたるじあ

これまで何度もあの強烈な臭いにやられたけど、今日初めてその姿を見ました。
夜、家帰る時、平然と道路を歩いてた(笑)臭いを発してなくてよかった。
ノースキャンパスの方では鹿も見れるらしい。街自体はそこまで田舎じゃないのにちょっと行くと自然たっぷりなのがAnn Arborのいいところ。今日は快晴で寒くもなく最高。

今日明日と中間試験があるので、勉強してるわけですが、つくづく、俺は考える力がないと実感。昔から受験でも、論理的思考力の欠如を暗記力で補ってきたわけですが、最近暗記力をすこぶる落ちてきてやばい。自分がanthropologyに向かないこともよく感じる。学部だしフィールドワークは楽しいし、趣味みたいなもんだからいいんだけど。

なんでもやりっぱなしにして、フィードバックをしないことが多い。貴重な体験はけっこうしてる自信はあるけど、やりっぱなしで次に生かされてない。近いうちにこれまでやってきたことを整理してみよう。動かずに考えるより、とにかく行動することを選んできた(というより、考えることから逃げて楽で楽しい方を選んできた)けど、そろそろ一回立ち止まってみよう。


考えるのは苦手だけど、珍しく今日は考えました。
試験勉強を兼ねて(笑)
nostalgiaについて。

なぜ人は実体験ではない創造された過去に対して郷愁を覚えるのか?

メディアなどによって作られたイメージもあるだろうけど、それだけではないと思う。

ノスタルジアというものが、創造された過去、伝統を無意識につくりあげるのだろうか?
そして、その創造されたものにまたノスタルジアを覚える。

一方で、国民意識、民族意識の創出のためにノスタルジアが利用されることもあるだろう。
この場合、作為的にinvented tradition, pastが生み出され、それでも人はそれによってノスタルジアを喚起されるだろう。

うーん、眠い。。今日はここまで。コメントあったら誰でも遠慮なくください。

ひとつ思うのは俺はノスタルジアに弱い。古きよき。Good and old.
[PR]
by xianjianyue | 2006-02-23 03:32