Time you enjoy wasting is not wasted.


by xianjianyue

Spring is just around the corner?

気温が一気に20℃下がりました。体感気温は30℃下がりました。

月曜日にあったささやかな喜び。

Cookingを始めようとラジオをつけたら、どこかで聞いたことのあるメロディーが。次の瞬間ちょうど1年前のイスタンブールの空港のカフェにフラッシュバック。なんとそのカフェにある巨大テレビでPVを見た曲だった。
その時、メロディーとプロモーションビデオがやけに印象に残って、日本に帰ってから探そうと曲名と歌手名をメモったのです。普段1回聞いただけで好きになる曲ってあんまないからある意味驚きです。映像が一緒にあったからかな。駅の広告に男と女が絵を書き足していくシーンが(とうかそのシーンしか覚えていなかった)印象的だった。
ところが、日本に帰ってみたらメモない。紛失。。。

そんなこんなで完全に忘れていた1年後の今週月曜日、その曲と運命の再会を果たしたわけです。
その曲とは、

Daniel Powter "Bad Day"

カナダ人のシンガーソングライターでヨーロッパでけっこう人気あるらしい。
(お得意の3分googleリサーチより)
他に何か知ってる人いたら教えてください。

この歌、使ってる単語は超簡単なのにイマイチ意味がピンときません。そもそもそんな意味なんてないのかもね。とにかく、空港の外だったら1ドルもするわけのないコーヒーに7ドル払った価値もあったわけです。
プロモもダウンロードしちゃいました。

トルコでの思い出の曲と言えばもうひとつ。

Sertab Erener "Every Way That I Can"

ヨーロッパのグラミー賞みたいなの(?)でタトゥーを破って優勝した曲なはず。Sertab Erenerはトルコの歌姫なわけですよ、きっと。
この歌、歌詞けっこうこわいです。アラブっぽい音楽がさらにそれを引き立ててる。ベリーダンスでもされながらこんなこと言われたら、ひくな、これは。

    Every way that I can
I'll try to make you love me again
    Every way that I can
I'll give you all my love and then
    Every way that I can
      I'll cry, I'll die
    Make you mine again

アイセックの国際会議でトルコがこの曲にのせて、grossな出し物をやっていた。とにかくトルコで一番思い出の曲。これ聞くとトルコを思い出す。
あぁトルコ懐かしい。
セィチョオチョレマス(飛行機でも電車でもアナウンスの最初にこれを言う。Ladies and gentlemenって意味かな?たぶん発音違うけど俺にはこう聞こえた)・モスクから聞こえるコーラン・ケバブ・トプカプ宮殿・スルタンアフメット・カッパドキア・ラクー・ベリーダンス・イズミル・ブルーモスク・ガラタ塔・アクサライ・エフェス・・・

その時出会った世界中の友達に連絡してみようかな。
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-16 00:00