Time you enjoy wasting is not wasted.


by xianjianyue

<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

UNEVEN TEMPERATURE

今日は18℃まであがるみたい。

スタバに行ったら、暖炉まだついてる。
暑いよ。

次に向かいのPot Belly'sに行ったらクーラー入ってる。
寒いよ。

ただでさえ気温変動しすぎなんだから、室温ぐらい一定にしてくれや。

でも今日は外に出たら春のにおいがしたからいいや。

31 days to go
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-30 12:40

She had a crush on him

今、天気予報見たらテンションあがってきた!!
今週は気温マイナスにならないYO!
むしろ木曜の最高気温18℃です。

5月以降の予定たてなければ。
アメリカを旅行してからインターンでもしようかと考え中。あと台湾と韓国行くぞ。

アメリカで行きたいのは
サンフランシスコ・ニューオーリンズ・ニューヨーク。あとは国立公園とか、ミシガンの北の方も行ってみたい。かなりきれいらしい。北の方にBear Ranchを持ってる友達のとこにも行ってみたい。写真みたけど子熊やばかわいい。(車で一緒に行ってくれる人募集中です。)あとはトロントの友達のとこもだ。アメリカの日系人のことを卒論にするんだったらその調査もしたい。同じ苗字の日系人がカリフォルニアにけっこういることが発覚したから、協力してくれるかなとかかなり楽観的に見てるんですが。。

いずれにしても早く予定をたてないと全部を実現させるのはきつそう。楽しい妄想はやめて現実的に計画立てます。

では授業に行ってきまーす。readingなんもやってないけどね。


タイトル、なんの意味もありません。この前知った表現です。こっち来てから英語について思ったことも近々書こうと思います。
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-27 09:26

回顧上星期ish

東京はもう桜が咲き始めたみたいですね。ミシガンはいつ咲くのでしょうか?
たまには日記的に、1週間ishを振り返ってみます。
(GREEでは写真見れません)

11(金)
目覚めると二日酔い。Spring Break中に参加したイベントのreunion的なpotluck partyがあったので、Tofu Pieを作る。思ってみれば、白人・黒人・(東、東南、南)アジア人が一緒にやってるパーティーはキャンパス中を探してもそうはないだろう。各国の料理を楽しみ、サングリア(スペイン人の作る本場物)・ビール・テキーラショット(火をつけてストローで飲むのがおもしろい)で酔っ払い、お決まりのmafia(トランプを使った推理ゲームみたいなの。かなり楽しい)。
Tofu Pieも大好評でした。(すーちゃんありがとう!レシピは誰にも漏らしてませんので)
 
↓各国料理
e0059444_15161653.jpg


12(日)
暖かい!!半袖で芝生の上でフリスビー&昼寝。芝生で寝るのは気持ちいです。浪人時代、明治神宮の芝生でホームレスのおっちゃんたちに混じって昼寝してたのを思い出した。朝6時半就寝。

13(月)
日曜日寝るのがいつも遅く、月曜日はいつも眠い。しかも3-6時まで料理(22人分)だからまじ疲れる。この日のメニューは、ぺペロンチーニ、アボカドサラダ、もう一品思い出せない・・・。何を作るにも初めてなので手探り状態ですが、出来はまぁまぁでしょう。

14(火)
日本語習ってるアメリカ人の友達に日本語を教える。その時聞いた話。日本語の入れ墨をいれる人はそれなりにいるようだけど、間違っちゃってること、よくあります。Hood(フッド、その人の苗字)君は自分の苗字を日本語で背中に入れ墨したと言ってきたそうです。彼が背中を見せると、そこには首の付け根から腰にかけて大きく4つの文字が。「マドドラ
現在彼の背中には巨大な黒い十字架が描かれているそうです。よーくみるとむらの中にかすかに文字が浮かび上がって見える。「マ・ド・ド・ラ

15(水)
何したか思い出せない。

16(木)
昼にCenter for Japanese Studies主催のnoon lectureへ。今日の題目は"Hip-Hop, Japan, and Cultural Globalization: Japanese Rappers Look at 9/11" 講演者はIan Condry(http://web.mit.edu/condry/www/)というMITの先生。日本のhip-hop研究しててMITの先生できるってanthropologyってなんて素晴らしい学問なんでしょう(笑)内容はかなりマニアックでほとんど知ってる人やグループはでてこなかったが、日本のhip-hopにけっこう政治的メッセージがこめられているとは知らなかった。ただ、政治的な運動を起こそうとする人達にhip-hop好きな人が多くなさそうと思うのは俺だけでしょうか。。偏見ですが。
25時より東大医学部より研修に来てるSくんの家で飲み会。酒というより睡魔に負けて29時ごろ床で就寝。東大で思い出したけど今年も東大ラクロス部はミシガンに来るのだろうか??

17(金)
金曜はデトロイトの日。午前9時より毎週授業で行ってるのです。木曜の夜に飲む習慣ができてるのでいつも眠い。

↓ Old Train Station 見に行く価値あります。デトロイトの歴史を語っています。
e0059444_1621717.jpg


この日はSt. Patrick's Dayということもあり、朝っぱらから緑のTシャツを来た人でバーはいっぱい。昨日の酒が少し残りつつ、次の日に飲むことわかりつつも、飲みに誘われMain Streetまで出陣。結局2時帰宅。緑のビールを飲めなかったのが心残り。

18(土)
Japan Cultural Festival !!朝から晩まで。忙しかったけど楽しかった。お客さん1000人も来たらしい!

↓ 男子校五人衆
e0059444_16325679.jpg


JCFと打ち上げの合間に、台湾人の友達の家に行き手作り中華料理をご馳走になる。やばうまかった。こっち来る前にお母さんから1ヶ月間のcooking intensive courseを受講しただけある。こっちの中華料理屋より断然うまい。

↓ 集まった5人。共通点はなんでしょうか?
e0059444_1640048.jpg


正解は中国語。台湾人と中国人と中国語を学んでるアメリカ人2人と日本人。

その後はJCFの打ち上げ。飲んで歌って(脱いで)踊って最高の打ち上げでした。

↓ 後ろの輩に注目
e0059444_16444059.jpg


日本でやるカラオケよりもなんか盛り上がると思ってたら、みんな踊ってるからだ。
さすがアメリカ。あのカオスをビデオにとっておきたかった。

19(日)
爽快に9時に目覚めるも、特になにもしないで終わった一日だった。けっこうもやもやしてた。

20(月)
料理の月曜。韓国料理に挑戦。プルコギ・ごはん(鍋炊き)・サラダ・チーズケーキ。プルコギちょっと塩辛かったけど、まぁよしとしましょう。次回はもっとpear juiceと砂糖と水を入れよう。
チーズケーキ!自分で言うのもなんだけどうまかった。これはもう一回作って極めます。sampler募集中。ミシガンの人、月曜の夜に腹減ったらRobert Owen Houseに是非お立ち寄りください。edibleなことは保証いたします(笑)今度はコロッケ作ってみようかな。
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-21 16:28

Spring is just around the corner?

気温が一気に20℃下がりました。体感気温は30℃下がりました。

月曜日にあったささやかな喜び。

Cookingを始めようとラジオをつけたら、どこかで聞いたことのあるメロディーが。次の瞬間ちょうど1年前のイスタンブールの空港のカフェにフラッシュバック。なんとそのカフェにある巨大テレビでPVを見た曲だった。
その時、メロディーとプロモーションビデオがやけに印象に残って、日本に帰ってから探そうと曲名と歌手名をメモったのです。普段1回聞いただけで好きになる曲ってあんまないからある意味驚きです。映像が一緒にあったからかな。駅の広告に男と女が絵を書き足していくシーンが(とうかそのシーンしか覚えていなかった)印象的だった。
ところが、日本に帰ってみたらメモない。紛失。。。

そんなこんなで完全に忘れていた1年後の今週月曜日、その曲と運命の再会を果たしたわけです。
その曲とは、

Daniel Powter "Bad Day"

カナダ人のシンガーソングライターでヨーロッパでけっこう人気あるらしい。
(お得意の3分googleリサーチより)
他に何か知ってる人いたら教えてください。

この歌、使ってる単語は超簡単なのにイマイチ意味がピンときません。そもそもそんな意味なんてないのかもね。とにかく、空港の外だったら1ドルもするわけのないコーヒーに7ドル払った価値もあったわけです。
プロモもダウンロードしちゃいました。

トルコでの思い出の曲と言えばもうひとつ。

Sertab Erener "Every Way That I Can"

ヨーロッパのグラミー賞みたいなの(?)でタトゥーを破って優勝した曲なはず。Sertab Erenerはトルコの歌姫なわけですよ、きっと。
この歌、歌詞けっこうこわいです。アラブっぽい音楽がさらにそれを引き立ててる。ベリーダンスでもされながらこんなこと言われたら、ひくな、これは。

    Every way that I can
I'll try to make you love me again
    Every way that I can
I'll give you all my love and then
    Every way that I can
      I'll cry, I'll die
    Make you mine again

アイセックの国際会議でトルコがこの曲にのせて、grossな出し物をやっていた。とにかくトルコで一番思い出の曲。これ聞くとトルコを思い出す。
あぁトルコ懐かしい。
セィチョオチョレマス(飛行機でも電車でもアナウンスの最初にこれを言う。Ladies and gentlemenって意味かな?たぶん発音違うけど俺にはこう聞こえた)・モスクから聞こえるコーラン・ケバブ・トプカプ宮殿・スルタンアフメット・カッパドキア・ラクー・ベリーダンス・イズミル・ブルーモスク・ガラタ塔・アクサライ・エフェス・・・

その時出会った世界中の友達に連絡してみようかな。
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-16 00:00

SUKIYAKI 鋤焼

坂本九
「上を向いて歩こう」 作詞:永 六輔 作曲:中村 八大 1967

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
思い出す春の日 一人ぼっちの夜

上を向いて歩こう にじんだ星を数えて
思い出す夏の日 一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に 幸せは空の上に

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
泣きながら歩く 一人ぼっちの夜

思い出す秋の日 一人ぼっちの夜

悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
泣きながら歩く 一人ぼっちの夜 一人ぼっちの夜


今度のJCF(Japan Cultural Festival)で歌う「上を向いて歩こう」、英語版、

未練たらたら

です。特に真ん中のセリフのとこ。
でも、いい歌です。4PMって誰か知らないけど、イイ。

But in reality, you and I will never be, because you took your love away from me.

未練たらたらに感じるのは、日本語では自分以外出てこない(主語は1つも明示されてない)のに対して、英語は

全部youのせいだ、
youは俺を捨てた、
youがいたら俺の涙をぬぐってくれるのに
youがいなくなってから俺の心にはぽっかり穴が空いてる, etc, etc

など、直接的にIとYouが出てくるから余計にそう感じるのだろう。
しかし、英語は主語がないと成り立たないから、日本人の俺が考えるほど直接的ではなく、さらにストレートな感情表現が普通な英語ではそこまで感情的ではないのかもしれませんがね。

一方、「上を向いて歩こう」もそこまでポジティブではないような気もしてきた。上を向くというのは明らかに前向きだけど、思い出と失恋の余韻にひたっていて、この時点では前向きではないのかも。前向きになる前の、意識的に落ち込んでみた時の歌なのでしょうか(?)

ってか坂本九は英語版を歌って、全米1位になったと思ってたんだけど違うんですね。
タイトルがsukiyakiなだけで歌詞はオリジナルそのまんまだったとは。アメリカ人で歌詞をそのまま理解できる人なんてほとんどいるわけないのに、3週連続でビルボードの1位になるとはすごい。メロディや坂本九の声に万人にうったえかける何かがあるのでしょう。

それでは、4PMでsukiyakiです。どうぞ~。
この曲日本ではやってもおかしくないと思います。


4PM
Sukiyaki

It's all because of you,
I'm feeling sad and blue
You went away,
Now my life is just a rainy day and I love you so,
How much you'll never know
You've gone away and left me lonely.

Untouchable memories
Seem to keep haunting me
Another love so true,
That once turned all my gray skies blue
But you disappeared,
Now my eyes are filled with tears
And I'm wishing you were here
With me soaked with love all my thoughts of you
Now that you're gone I just don't know what to do
If only you were here,
You'd wash away my tears
The sun would shine,
Once again you'll be mine all mine
But in reality, you and I will never be cos
You took your love away from me.

(Chorus)
Girl, I don't know what I did to make you leave me
But what I do know is
That since you've been gone there's such an emptiness inside,
I'm wishing you to come back to me.

If only you were here,
You'd wash away my tears
The sun would shine,
Once again you'll be mine all mine
But in reality,
You and I will never be cos
You took your love away from me.
Oh -- Baby you took your love away from me.
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-08 19:34

今年は桜が見れない。

とさっきふと思った。
お花見とかあんま行ったことないけど、部屋の窓から見える桜だけでも十分です。

他にも多摩川河川敷、東横線から見える目黒川がいい。駒場キャンパスも実は裏の方かなりすごい。近所の人が昼から宴会やってる(笑)

北海道かDCのポトマック河にでも行こうかな。

レポート提出まであと2時間半。現実逃避でした。

55 days to go.

昨日覚えた英語:
kitsch(y), thought-provoking, chick flick, skin flick, my bad!!
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-07 11:57

bun炎上

午前4時半すぎ、けたたましいサイレン音で、目が覚める。

ルームメイトのダンがなんか言ってるが、眠すぎて何言ってるかわからない。

しばらくして家の火災報知機が鳴っていることに気付く。意外に二人とも冷静。

部屋のドアをあけると、廊下が七色に輝いている。曇ってる。

コートをとり、(ダンくんはわざわざ着替え)廊下に出る。焦げ臭い。

1階に下りると、煙が立ち込めている。

出所はキッチンだと判明。キッチンに行くと、グリルから煙が。

もう一人のダンくんがすでに消煙作業にあったていた。煙で喉が痛い。

部屋に戻る。10分ぐらい、報知器が断続的に鳴る。眠れない。


今日になってわかったことだが、bun(ハンバーガーのパン)が放置され、燃えていたらしい。当時家には4人しかいなかったはずなので、bunを放置したのはAくんだと思われるのだがAくん否定。しかもAくんあのサイレンの中、ずっと寝てたらしい。そっちの方が危険。

結局事なきをえたが、普通に笑い事ではない。火が出てたら、築60年はかたい木造の我が家は燃えていたことでしょう。実際に、うちから徒歩1分の家もこの前全焼したし、毎月どっかで火事は起きてる。
火災報知機にすぐ気がつかなかったこともやばい。2階だから窓から飛び降りても死にはしないけどね。
ドアあけた時の、廊下の光景が頭に焼き付いてる。煙の中の光がディスコみたいだった。

そういえば、こっちで1回もクラブ行ってない。相当酔ってからじゃないと踊れませんけどね(笑)


家から遠いカフェに来てみたら、アコースティックライブみたいなのやってる。1ドル30セント払って、ソファでコーヒー飲みながらミニライブを聴けるんだから贅沢ですね。ワイヤレスもただだし。旅行もいいけど、たまにはのんびりした休日もいいですね。
春休みもあと1日、セミナーのreflectionとかを授業始まる前にやっておこう。
[PR]
by xianjianyue | 2006-03-04 20:23